前へ
次へ

不動産を売却した場合にかかる税金の概要

不動産を売却した場合にかかる税金は、不動産を取引をしたことについてかかる印紙税、登録免許税、不動産取得税と、土地や建物を売却して得た所得についてかかる所得税があります。まずは印紙税ですが、これは契約書を作成した場合にかかる国税です。収入印紙を貼り付けることによって納税します。次に登録免許税ですが、これは売主から買主名義へ名義を変更する登記を申請した場合にかかる国税です。また、不動産取得税ですが、これは土地や建物を売買、贈与、新築、増改築などをした場合にかされる都道府県税になります。申告に基づく納税通知書によって納税します。最後に所得税ですが、これは例えば3000万円で購入した土地を3500万円で売却すれば、500万円が譲渡所得となりこれにかされる国税になります。

トイレのお悩み解決
トイレリフォームで今のお悩みを改善します

山梨に注文住宅を建てたい方は西甲府住宅株式会社にご相談ください

外断熱の住宅を建てるならブリックス株式会社
外壁が御影石で保護されているので、長期間建物を良好な状態に保てます。

ローコストで鉄筋コンクリート製の住宅を建てられるブリックス株式会社

茨城で住宅のリフォームを依頼するなら株式会社 サンライト

不動産取得税とはどんなものか

不動産取得税とは、土地や家などの不動産を取得した時にその不動産が所在する都道府県に支払わなければいけない地方税です。この税金は固定資産税とは異なり、土地や家を取得した時に一度だけ納めます。この税金には軽減措置が存在します。購入した土地に住宅を新築した場合や、認定長期優良住宅を新築した場合、中古住宅を購入した場合など様々な条件に対して軽減措置を申請することができます。これらの軽減措置を受けるには、減額申請書に必要書類を添付して、納税通知書に記載されている県税事務所に申請することが必要です。また軽減措置には不動産を取得してからの期間が限られているものもありますので、しっかり調べてできるだけ早く必要書類を作成して提出することが大切です。

Page Top